Dining Darts Bar Bee
スタッフインタビュー

Beeでアクティブに働いているスタッフに、仕事の中身や面白さについて聞いてみました。
Bee川崎店(当時)スタッフ:F・Wさん
Bee川崎店(当時)
スタッフ:F・Wさん

しっかり教育して任せてもらえて、
未経験でもやる気が出ます

「家からも近いし、こんなお店で働けたら、かっこよくて楽しそう!」とWEBの求人を見て、軽い気持でBeeのアルバイトに応募しました。ダーツバーということで、カジュアルなイメージをもっていたのですが、入社してみると、お客様への礼儀など「こんなにしっかり教育するんだ…」とちょっと驚きましたね。でもやりがいはあるし、任されると頑張るタイプの私には合っていたと思います。

最初はオーダーテイクやご案内などのフロアワークを覚え、余裕が出てきたところで調理などを教えてもらいます。半年くらい経つと、初めてでも簡単な料理メニューが作れるようになりました。窯で焼くピッツアなど、スキルが必要な料理は、先輩が見本を示しながら丁寧に教えてくれるので、未経験でも安心してアルバイトができたんです。

スタッフ同士や 社内の別店舗と積極的に交流

Beeでは、社員とアルバイトの境がそれほどありません。やる気があればアルバイトでも仕事を任せてくれます。もしやってみたければ、成果も大事ではありますが、まずチャレンジしたこと自体を会社が評価してくれて、責任は上司が引き受けてくれるんです。こういう職場って少ないんじゃないでしょうか。

もうひとつ魅力に感じているのが、同じ店舗のスタッフ同士の交流はもちろん、Beeの別店舗のスタッフともイベントなどを通じて交流できることです。自分が働いている店の店長には言いにくいことも、距離のある他店の先輩や、同性の近隣店舗の店長などに相談することで、的確なアドバイスをもらえることや、問題が解決できることもあるので、このシステムで助かっています。

スタッフ同士や社内の別店舗と積極的に交流

自分なりの接客スタイルを確立して

Beeではマニュアルに縛られすぎないので、自分なりの接客ができます。私が常に考えるのは、どうすればお客様が喜んでくださるか。ブランケットをお渡しするような小さな気遣いから、お誕生日の演出などの派手なことまで、お客様を笑顔にする方法は無限です。
悩みをお聞きして、元気を出していただけそうなドリンクをつくったり、常連様に別のお客様を紹介して仲良くなっていただいたり。色々とトライしながら自分なりの接客スタイルを確立していけるんです。

今度、初めて新人の教育を任されることになっています。ちょっとドキドキしていますが、一人前になるまで丁寧に育てたい。難しいことですが、後輩を教えることで私自身も成長できますよね。
Beeのアルバイトは楽とは言えません。でもどうせアルバイトをするなら、自分にプラスになる所がいい。社会人として、人として、大事なことを学べますから、将来どんな仕事をしても、きっと役に立つと思います。

Bee有楽町店 スタッフ:T・Yさん
Bee有楽町店 
スタッフ:T・Yさん

Beeはエンタテインメント色の強い店、
そこで私は違うキャラになります

Beeとの出会いは、たまたま友人に誘われて遊びに行ったのが最初です。雰囲気のあるおしゃれなインテリアに驚いたのと同時に、バーカウンターでお酒をつくっているスタッフを見て「私もああいうふうにかっこよくなりたい!」と思い、翌日には「雇ってください」と電話していました。

アルバイトを始めてしばらくはフロア担当でしたが、ある時、念願かなってお酒のつくり方を習うことになりました。ところがいざ始めると、レシピは呪文にしか見えないくらいむずかしいし、私はお酒に弱いしで…。「これが正しい味、と覚えるまで味見するように」と先輩に言われ、味見をしすぎて赤い顔で接客したこともありました。それでも楽しくて、なるべく多くのレシピを覚えられる工夫をしました。

カクテルコンペで2位。
オリジナルのカクテルがメニューに

Beeには社内のカクテルコンペティションがあります。実技を始め、お酒の知識を問う筆記試験、接客、スピードメイキングなど色んな要素で競い合います。私は渋谷店の代表になって出場し、2位になりました。オリジナルカクテルをお店のメニューにしてもらえ、うれしかったですね。

バーカウンターの仕事はお酒をつくるだけでなく、接客も重要な要素。お客様の特徴、交わした会話などを覚えて、常連様になっていただけるよう努力します。ある常連様で、一人でいらっしゃる時、何人かでいらっしゃる時、とシーンによってお酒の種類などが変わる方がいらして、それを覚えて対応していたら、「苦手なものも好きなものもわかってくれているから、心地好く飲める」と喜んでいただきました。そんな時は仕事のやりがいを感じますね。

カクテルコンペで2位。オリジナルのカクテルがメニューに

目標はNO.1 バーテンダー“もっさん”!

アルバイトをしている時、私はフロアネームの“もっさん”になります。”Beeの店はエンタテインメント色が強いので、たとえプライベートで嫌なことがあっても、制服に着替えた途端、“もっさん”になり、笑顔と楽しい気持に切り替わります。最近は普段のキャラがもっさんに引っ張られ、友達や家族に「明るくなったね」と言われるんです。

これからはもっと接客やバーテンダーの技術を高めたい。そして今度こそカクテルコンペで【NO.1バーテンダー】の称号を得たいです。
Beeでは自分のやりたいことをかなえてくれ、アルバイトでも大切な仕事を任せてもらえるので、他のアルバイトと違う充実感があります。
楽しく働きたい人だけでなく、新しいことに挑戦してみたい人、応募しませんか。

先輩スタッフの声

やる気があれば色んな経験ができます

やる気があれば色んな経験ができます

未経験でもバーやキッチンの業務をイチから教えてもらえるし、イベントの企画に参加させてもらえることもあるんです。今度初めて、新人スタッフの教育を任されたので、今からワクワクしています。

任されると頑張るタイプの私には
バーカウンターにいる時は“もっさん”というキャラなんです

バーカウンターにいる時は“もっさん”というキャラなんです

バーテンダーの楽しさにはまり、社内のカクテルコンペティションで2位になりました。オリジナルのカクテルをお店のメニューにしてもらえたのはうれしかったですね。次は絶対NO.1バーテンダーを目指します。

オリジナルカクテルをお店のメニューに
人を大切にしてくれるBeeで社員になりたい

人を大切にしてくれるBeeで社員になりたい

ダーツが好きでBeeに入りました。以前の仕事は保育士で、飲食業は未経験でしたが研修もあり、イチから丁寧に教えてもらえました。Beeは人を大切にしてくれるのでここの社員になって、自分の夢を実現したいんです。

意識しているのは、“笑顔でいること”
ひとりひとりに合った仕事が可能です

ひとりひとりに合った仕事が可能です

後輩の指導にやりがいを見出し、今は研修での指導などを中心に働いています。Beeはスタッフひとりひとりを見てくれて、それぞれに合った仕事を考えてくれます。だから自分らしく働けています。

スタッフ一人一人を見てくれて、